楽器は一体誰が発明したの?

音楽を聴かない人はほとんどいないと言えるほど、音楽は私たちにとって身近なものです。その音楽を作ったり演奏するためには楽器というものが必要ですが、楽器が出来た経緯は一体どんなものだったのでしょうか。古代の人にとっては風の音や森の音、動物たちの鳴き声などのあらゆる音に敏感でした。生活の中で音が出る原因やその瞬間に出くわしながら音の出し方を発見したのです。太古の時代に使用した弓矢はハープやギターなどの原理と全く同じで弦楽器の原形と言われています。

ドレミファソラシドは誰が作った?

楽器が進化したのは音楽というものが確立されたからですが、音楽を作るための音階は一体いつどこで生まれたのでしょうか。ドレミファソラシドは誰もが知っている全世界共通の音階です。中世において音楽というものが発展した背景には教会の普及による宗教的な要因が挙げられます。キリスト教では教会で聖歌を歌いますが、ここで有名な楽器と言えばパイプオルガンが挙げられます。現代ではキーボードやシンセサイザーといった電子楽器が一台あればそれだけで何百もの音色を奏でることが可能です。

楽器が豊富にある時代

一昔前では楽器は非常に高く裕福な家庭に住む人の贅沢な趣味としてありましたが、現代の音楽や楽器は老若男女問わず子供も大人もお年寄りにも身近なものになっています。小学校では笛やハーモニカ、老後の趣味として尺八や琴、フォークギターを購入する方もいます。中高生にはドラムやベース、エレキギターやキーボードなどバンド系の楽器が人気です。クラッシックを学ぶ人にはピアノやフルート、チェロやバイオリンなどもあります。このようにあらゆる音楽を演奏するための楽器が豊富にある時代と言えます。

サックスは中が空洞のパイプなので見た目ほど重くなく、一番小ぶりなソプラノで1kg前後、最も重いバリトンで6.5kgくらいです。