現在の名前の付け方男の子編

2014年の統計からみると男の子は「蓮」くんが一位になっています。そのほか2014年の干支は馬だったので「馬」のつく名前がベスト100に12もランクインしています。前向きに進んでいく「馬」のイメージが連想され、活発な子供に育ってほしいという願いを込めていると思われます。そのほか「陽」の使った名前も多くランクインしています。「陽太」くん「陽向」くんなど太陽のイメージを連想させ、明るく伸び伸びと育ってほしいという親の願いが込められています。

現在の名前の付け方女の子編

2014年の女の子の名前は「陽菜」ちゃん「凛」ちゃんがトップとなりました。「凛」ちゃんは漢字違いの「凜」ちゃんもランクインしていおり、芯が強く気品のある女性に育ってほしいという親の願いがこめられています。また「葵」ちゃん「桜」ちゃんなど漢字一字の名前は近年人気ですが、今年は特に多かったというデータになっています。特に漢字一字でも自然を感じさせる果実、草木などから付けた名前が人気が高くなっています。皆に愛され美しく実りある人生をという願いがこめられているようです。

昔の名前の付け方はこんな風だった

大正時代に入ると「正一」くん「正二」くんなど、「正」のついた名前や「清」くんが高い人気を誇っていました。昭和に入ると「昭」くん「昭二」くんなど元号に関係した名前はやはり人気でした。戦時中は「勇」が付いた名前が人気が高く、戦争が終わると当時の首相の名前を取り、「茂」くんが人気がありました。昭和30年ごろは「誠」くんが人気が根強く、浩宮さまご生誕の頃は「浩」のついた名前が人気が出ました。名前というのは時代を映す鏡だといえます。

子どもが一生使っていく名前です。読めなかったり難しすぎる漢字を使わずに、子どものことを思いながら命名していきます。